スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のTV&DVD

タイトル、「先週」の間違いです

■昨日の「NHKスペシャル」

タイトルは
『「食の安全」をどう守るのか
~冷凍ギョーザ事件の波紋~』

途中、ブロッコリーの房の中まで
真剣に視認する女性のアップが映る。
そのときのあーすけの発言に、ひどくびっくり。

私「こういうのとか、あと魚の骨とってもらったりとか、
 そんなことまで外国のひとにしてもらわなくても
 いいと思う。お母さんはね。」
あ「うん、でも、このひとたち、それでお金もらってるんでしょ」

ええー?
そ、それは、金さえ払えばいいじゃん、てこと??
そう考えるひとになってほしくないと思って積み上げてきた
いままでの、「ふだんのくらしの中での会話」は
すべてムダだったということか???
…と、ひどく衝撃を受けたのだが、真意を確かめたら、
「お母さんが仕事してるのと同じで、このひとたちも、
 こういう細かいことをちゃんとやるから、
 お金もらえてるのかなと思って。もらえるよね?」

もらえます、もらえますとも。
でもね…
いや、いまは、それ以上はまだいいや。

■ひとり親もの2本

I am Sam/アイ・アム・サムI am Sam/アイ・アム・サム
(2007/11/28)
ショーン・ペン、ミシェル・ファイファー 他

商品詳細を見る


先々週に届いて、見始めたのだが、不具合があって、
途中からコマ送り状態に。
いったんあきらめたが、ものはためしに、と思い
TSUTAYA DISCASのカスタマーセンターに連絡。
ものすごい早さで代わりのディスクを送ってくれた。
企業でもひとでも、迅速な対応って、本当に好感度が上がる…
それでいうと、自分はすべてにおいて下がりっぱなしだ。

この映画は「個人的映像暗黒時代」に映画館でみた、
数少ない作品のうちのひとつ。
挿入曲が延々ビートルズのカバーなんだけど
当時まだ離婚してなかったパパちゃん(ビートルズ好き)に
「…だから、みにいこうよ」と言ったら
「カバーを聴いても意味はない」とかなんとか言われ
彼とあーすけが遊びにいってるあいだに、
ひとりでみてきたんだった…(遠い目)
…という話を、週末会ったときにしてみたら
パパちゃんは案の定覚えていなかった。

ダイアン・ウィーストとミシェル・ファイファー、
好きな女優さんがふたりとも出てる。
ミシェル・ファイファー、相変わらず不健康そうでステキ。
ショーン・ペンは別に好きじゃなかったけど本当に演技がいい。
正直、こういう素材の映画をみるのは居心地わるいが、
これは、細部がわりにきちんとしてる気がしたし、
あと味も悪くなかったので、また借りてみた。

しかし、ダコタ・ファニング、かわいすぎるー!!
パパに「誘拐」されてバスに乗ってるシーンとか、ほれぼれ。
『シャーロットのおくりもの』にも出てたけど
もういくつぐらいなんだろう。
どんなオトナになるんだろう。
「天才子役のジンクス」をはねのけてして大成してほしい。

そしてこの同じ場面で、
『Strawberry Fields Forever』が流れるんだけど
これがものすごーーーく映像にぴったりで、涙が出た。
え、この曲ってこんなにいい曲だったの、と
しみじみ感じ入ってしまった。
あともうひとつ好きなのは、終盤、
ジョージ・ハリスンのことをミシェル・ファイファーが
「ビートルズのなかで彼がいちばん好き」って言うところ。
場面が好きというより、もっと言ってくれーって感じ。

やっぱり、子どもとは、いっしょにいなくちゃなあ、
…とあらためて思った。
それがどんなにダメダメな生活でも…(恥

この次に見たのが
『幸せのレシピ』

幸せのレシピ 特別版幸せのレシピ 特別版
(2008/02/08)
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アビゲイル・ブレスリン 他

商品詳細を見る


これは、、、本筋とは離れるのだけど、
途中までは「ひどーく身につまされる」が満載だった。
けっこうリアルな「ひとり親物語」だったので。
(私から見れば…かもしれないけど)

主人公の女性は、姉の急死で姪っ子をひきとることになるのだけど
深夜まで働いているあいだ、子どもをどうしよう、とか
ベビーシッターを頼んだはいいがとんでもないひとが来た、とか。
とくに、深夜までの勤務の際に子どもを店に連れてったら
子どもがそれをちょっと大げさに学校で話してしまい
学校から呼び出しがくる…なんてあたり、こっちまでドキドキした。
まあ、アメリカはそのへん厳しいというか
ネグレクトほかの虐待が社会問題になってるわけだから
リアルに描けて当たり前かもしれないけど。。。

で、本筋、ラストはきちんとハッピーエンドで
娘はそっちにばっかり興味がいっており
「ママも再婚したら、チューして味見すれば?」
などと浮ついている。
だれがするかそんなことーー!(再婚もチューも)

ま、要は、そんなふうに、
見終わってから楽しい気持ちになれる映画だった
…ってことで。。。
スポンサーサイト

粗食日記

【24日(月)】
家で仕事(以下略)
お昼から振り込みその他で出かけたが
信金、農協、郵便局、銀行、すべてにおいて
この町に引っ越してきて以来初めて、というくらい待たされた。
金融機関がいつも閑散としているので心配だったが
向こうにすれば「おまえにだけは心配されたくない」だよね。

Mar24.jpg


夕飯は
・めかぶと納豆のお好み焼き
・梅酢ごぼう
・玉こんにゃく
・キャベツとイカ、しめじの酢味噌和え
・白米、みそ汁(たぶん、しじみとか…)

【25日(火)】
夕飯、たしかこの日はすごく遅くなったんだけど、
食事の内容も、写真を撮り忘れたことも、記憶にない…

【26日(水)】
Mar26_1.jpg


・ゆでほたてときゅうり、わかめの酢の物
・梅酢ごぼう
・春雨スープ(鶏ひき肉、しょうが、トマト、豆腐ほか)、白米
・アスパラチーズ焼き

なんか物足りないとあーすけが言うので
ちょっとキレ気味で一品追加

Mar26_2.jpg


チーズせんべい
シュレッドチーズをオーブントースターで焼いただけ…

【27日(木)】
日帰りで出張取材
あーすけはご近所のお友だち宅にお願いして泊めていただく。
東京に戻ってひと仕事終えてから、
終電までということで会社の方々と飲む。
大ジョッキ1杯のビールで30分粘り、
おつまみにもひととおり手をつけ、
最後は逃げ去るように店を出る。
終電早すぎるんだもん…

【28日(金)】
あーすけ、朝どころかお昼までごちそうになって帰宅。
毎週恒例の外出、帰りは家の近所の焼き肉屋さんで
「一杯のユッケビビンバ」…+サラダなど

【29日(土)】
パパちゃんが車で迎えに来てくれ、あーすけは東京へ
じいじばあば含め4人でお花見→お泊まり
私はここぞとばかりに辛いカレーを作って食べた

Mar29.jpg


・レンズ豆とキヌアのカレー+五穀入り玄米
・新玉ねぎと人参、キャベツのクミンサラダ

【30日(日)】
朝、昼と、チーズやウインナーを足しつつ三食連続で同じカレー…
でも辛いというだけで満足です。
午後あーすけ帰宅
またしてもプレゼントをたくさんいただいてくる
すみません…

Mar30.jpg


・みぶ菜とじゃこのサラダ
・昨日のサラダの残り
・じゃがいものクレソンドレッシングあえ
・しじみとまいたけのみそ汁、五穀入り玄米

この日は悲しい日だった。
鹿児島工業は再試合で惜敗するし
1週飛ばしてしまった『篤姫』は
主人公がもう、江戸に着いてしまって、、、
これからは大奥ドラマかと思うと
ちょっとだけ、見る気がそがれる。
これからは、尚五郎と西郷どんの登場だけが楽しみ…

あと、この日は、珍しく「NHKスペシャル」まで見てしまった。
食の安全ネタだったので…
そのときのことを、別の項に書きます

あーすけの作品

最近は粗食だらけなので、娘が料理に凝っている。
しかも! 作っているのは、お菓子。
素材は…

artwork3.jpg


泥。




泥団子、ならぬ「泥ケーキ」
ミニチュアの桜餅らしきものもある(笑

artwork4.jpg


↑ 乾くとこうなる

artwork1.jpg

編み物も好調。
一昨日~昨日はパパちゃん方のじいじとばあばに
久々に会いに行ったので、
おばあちゃんにプレゼントすると張り切って編んでいた。
おばあちゃんには派手ではないか心配だったが
なにも言わずに持たせたところ
喜んでくれたよ! と喜んで帰ってきた。
よかったね。

まとめて1週間

まるまる一週間、いや10日間か、
更新もなんもできなかった…
きちんとブログを更新されている皆さん、あらためまして

尊敬です。


10日間、なにをしていたのか自分…

【15日(土)】
ひたすら仕事
前日が、取材2件のあと子どもとお出かけしてて不在だったので
パパちゃんからのホワイトデーのお返しを、この日受け取る。

辞書びきえほん日本地図辞書びきえほん日本地図
(2008/02)
不明

商品詳細を見る


辞書びきえほん国旗 (辞書びきえほん)辞書びきえほん国旗 (辞書びきえほん)
(2008/02)
陰山 英男

商品詳細を見る


↑ …ホワイトデー?
あーすけは喜んでるから、まあなんでもいいけど
(あとでめくってみたら、なかなか面白そう)


残り野菜パスタ


この日の夕飯
・残り野菜のパスタ(味付けは梅酢キャベツ)
・春菊のサラダ(パルメザンチーズたっぷり)
・にんじんとじゃがいものしりしりー

【16日(日)】
あーすけは近所のお友だち宅でお昼~夕飯までお世話になる
私は都内へ(人生の大先輩の喜寿のお祝い)
…そうそうたる顔ぶれのなかで、小さくなってました
帰宅後、確定申告の書類準備
(去年も、締切前日に始めたような…)

【17日(月)】
確定申告、やっぱりわからないところがあって
結局窓口で聞いてから提出
その後、都内に出て先輩と食事、お題は「進路相談」
自分のなかで、整理がついてると思ってたことも、
ひとと話してみると、もろいところ甘いところが見えてくる
…短いけど、濃い時間だった。

【18日(火)】
ひたすら仕事

レトルト+α


夕飯作りにも手が回らず
・レトルトの豆カレーを鍋にあけて、
 ヨーグルトやらトマトやらを足したもの
・アスパラ(蒸しただけ)
・おかひじきともやし、まいたけの酢醤油あえ

【19日(水)】
ひたすら仕事
子どもが家にいても、不本意ながらネグレクト状態なので
学校のあとは、お友だちのおうちへ
夕方迎えにいって、帰りに外食してきた

【20日(木)】
この日は締切がないからと気を抜いたら…寝坊した
夕方、えいやっと仕事を切り上げて台所へ
今日だけは手のかかるメニューを作りたい…と思ったけど
すでにメニューが思い浮かばない状態の今日この頃。

揚げ物day


・揚げ物 ←手がかかるというより、単に苦手な料理
 たらの芽とまいたけ/ほっけ香草揚げ/山うどの穂先
・もやし、おかひじき、とらまき茸のあえもの
・にらのおひたし
・山うどとごぼうのきんぴら
・ちくわ
・きのこごはん、じゃが玉みそしる

【21日(金)】
出勤後、子どもの習い事、夕飯ふたりで外食

【22日(土)】
学校行事参加後、ママ友とランチ
午後、仕事が押してしまいバッタバタで
夕飯写真を撮り忘れる。
たしか、きんぴらの残りと、おかひじきのごまあえと、
おみそ汁の具はめかぶだったような…
写真がないと、ほとんど覚えていないなんて。
いかに考えず、手当たり次第に食べているか、
再度認識いたしました。

【23日(日)】
お祝い事があり、あーすけと都内へ
なのでこの日は『篤姫』が見られませんでした
あと、高校野球も…
でも鹿児島工業は初戦突破したらしく、よかった。

今日は雨。
出かける予定さえなければ、雨の日はけっこう好き。
さあ、今週もバタバタだけど、がんばろ。

昨日の夕飯

昨日は、あーすけと遊びに出かけました。
夕飯は、高田馬場の郷土料理屋「薩摩の里」にて。

おみせ


店長さんは、15年くらい前、
新宿三丁目の薩摩料理のお店にいらしたのですが
えーと何年前だっけ…高田馬場に移られて
こうしてお店を開いておられます。
開店当初にいちどお邪魔しただけで
その後は、子育てやらなんやらでうかがえず
最近になって、時々寄らせてもらっています

焼酎メニュー


芋焼酎、裏にもいっぱいあります。黒糖や麦なども数点

おしながき


「にがごい」=にがうり(ゴーヤー)
「がね天」=さつまいも入り野菜のかき揚げ(たぶん。まだ頼んだことない)
「がらんつ」=小ぶりのいわし
「からいも」=さつまいも

らーめん


あーすけのお気に入りは鹿児島ラーメンとからいもの天ぷら
私は天ぷらをつまみに、ビール2杯と焼酎のお湯割りを3杯

店長さんのお国訛りとお人柄、
鹿児島人にはとってもあったかーい。
ほかの従業員の方も、みなさん親切でなごめます。
またお邪魔しまーす。

夕飯記録

【12日(水)】
・にらおひたし
・トマトとブロッコリのサラダ
・いかリングフライ
・厚揚げステーキ
・梅酢キャベツ
・玄米と、インスタントのわかめみそ汁

上から順に、
・ゆでただけ
・切っただけ
・揚げただけ(お弁当用の冷凍もの)
・焼いただけ
・漬けただけ
・炊いただけ、お湯を注いだだけ
…と、あーすけとふたり指さし確認しながら食べました。

【13日(木)】
さて、木曜ですが…
まっつー隊長!
指令に従い、写真を撮ってみましたー!

0313ごはん


(以下、言い訳)
いや、じつはいままでも、写真撮ってみてはいたんです…
しかし、きれいな写真がのってるブログをいっぱい見すぎたので
「あれ? うちの夕飯、おいしそーじゃないぞ?
 くぅーっ。こんなはずではーーー!」
と、掲載を見合わせていたのでした^^;
(言い訳、終わり)

ま、おいしくなさそうでも、おしゃれじゃなくても、
うちはうち、よそはよそ。(と、あーすけにはしょっちゅう言っている)

左奥から時計回りに
・梅酢キャベツ
・トマトサラダ
・めかぶの巣ごもり卵
・じゃが玉しじみの味噌汁
  しじみ、隠れすぎですが
  「見えぬけれどもあるんだよ」by金子みすゞ
・きのこごはん(玄米1:白米2)
・しめさば
ごはんとおつゆ以外のおかずは、これでふたり分
でもしめさばと卵はあーすけがほとんど食べた

ところで木曜はらでぃっしゅの日でしたが
とっちらかってて、届いた「ぱれっと」を夕方まで玄関に放置。
炊飯器のスイッチを押して、さあ、と箱をあけたら
「まいたけ」が入ってた。
見た途端、「まいたけごはん食べたい!」とムラムラきて
炊飯器の電源を慌てて切って、
まいたけとらまき茸しいたけおよび調味料をざーっと加えて
スイッチを入れなおしました。間一髪セーフ(?)

それにしても、炊き込みごはんのおこげって、
なんでこんなにおいしいんでしょう…
全体、こげまくってくれないものかしら。
しいたけが嫌いと言い張るあーすけも、よく食べてた。
(彼女はいま、「しいたけが嫌いな自分」に酔っています)

そのほか、ぱれっとの中身は以下のとおり。
(分量少なめのジャストぱれっとです)
・じゃがいも
・ブロッコリー
・キャベツ
・小松菜
・春菊
・長ねぎ
・セロリ
・いちご

さあ、なんに化けるんでしょうか…
といってもわが家の場合、あまり凝ったことしないので
結局は化けないんだけど。

木曜日の朝の食卓での会話

私は、アレルギー性鼻炎もち。
(この言葉、昔「あれるぎー・せーびえん」かと思ってた。
 「せーびえん」って、なんだろう…と真剣に思ってた)
ハウスダストや動物の毛などがアレルゲンです。
温度差などでも、たちまち鼻炎の症状が出ます。
(夏の屋外から冷房効いた部屋に入るとか、逆も)
木曜の朝、ひさびさに症状がひどかった。

あーすけ「なにへんな顔してるの、ビエン?」
私「うん。鼻って、いらないときは、はずしてどこか置いときたい」
あ「だめだよ、そしたらママ、どこ置いたっけ?
 とかいって、すぐわからなくなるから、困るよ」
私「あー、メガネみたいにね」
あ「そうそう」

…あーすけの言うとおりなので、
鼻は、はずせなくていいことに決定しました。

最近の気になりごと

調査捕鯨の船が襲撃されて…というニュース。
私が読んでる新聞では、記事本体以外の小さなコラム欄にも
このネタがところどころ登場する。
空気としては、「日本の文化なのにガタガタ言うな!」って感じで
(実際にはそんな書き方はしてません、念のため)
まあ、心の奥底では私も、そっち寄りではあるのだけど

この、捕鯨反対派と、反対に反対する派の言い分、
こんなにも接点がないトピックも珍しい気がする。
もしかしたら、主張に使ってる数字(データ)とかが
ぜんぜん違うんじゃないの?というぐらい。
中庸派?仲裁役?もあんまりオモテに出てこないし。
あのひとたちが、暴力にまで訴える、そのおおもとはなんなのか。
できればきちんと知りたいなあと思う。

さすがに新聞なんだから、ちゃんとしたデータを挙げて、
こうこうこうだから、捕鯨はやってもいいんですよ
なんて冷静に言ってくれないと、なんか不安になる。

うちのオットが外でしている「あること」、
家で聞いてる分には、そのことが悪くないって
縷々説明してくれるし信じていたんだけど、、
(↑じゃなくて、「説明してくれないがひたすら信じてたけど」の間違い)
世間では、「悪いことしてる」って噂になりつつある…
妻である私はオットが正しいと信じるために
どうやって検証をすればよいでしょうか…みたいな。
(長すぎるけどモノのたとえです、オットいないけど)

と書いていて、ふと思いついたけど、
こういうのは投書をするという手もあるんだよね、
でもそういうのってしたことないから、ハードル高いよなあ…

ここのところ報道にふれるたびにもやもやしていたので
とりあえず書いてみました。世の中ってむずかしい。

朝の食卓での会話

昨日びっくりしたこと。
「これは夢?と思う」 → 「頬をつねる」
このふたつの行動はセットと思ってたんだけど
あーすけと話して、彼女がこの「お決まりパターン」を
知らなかったらしい。…と、わかったこと。

以下、朝の食卓での会話。

あーすけ「夢のなかで、これ夢だって思ったことある?」

私「いっかいだけある」

あ「あーちゃんもあるよ、R太が夢にでてきてさ、
 あーちゃんが『これ夢だよ』っていったら
 『ふーん』っていわれたの。ママのはどんな夢?」

私「すてき、夢みたいーと思ってほっぺつねったら、
 ちゃんと痛くてさ、痛いってことは、夢じゃないじゃん、
 だから夢じゃない! って喜んだんだけど、
 でも起きたらやっぱり夢だった」

あ「へー」(よくわかっていない反応)

私「夢みたい!と思ったらほっぺつねるよね?」

あ「…しらない。そうなんだ。じゃあこれからそうしよう。
 でもさ、夢の中で、夢と思ったらつねる、っていうのを
 思い出せなかったらどうするの?」

私「さあ…」(そんなん私知らんがな)

あ「あーでもだいじょうぶ、夢の中で、これ夢だって思ったの
 R太がでてきた、そのいっかいしかないから」

私「じゃあいいじゃん」(むだな会話かよ)

あ「うん。そんでさあ、ハサミなんだけど」

私「ハサミ? なに?」(脈絡についていけない)

あ「ハサミは右利き用ってママゆってたけど
 裁縫箱のハサミさあ、試しにやってみたら左手でも切れた」

私「いいけど、あーちゃんは包丁を左で持たないじゃん?
 ハサミも刃物なんだから、もうそんなことしないで」

あ「うん、でも切れたよ。やってみせようか?」(だから、するなっつーの!)

…口から産んだ覚えはないけど、よくしゃべる、あーすけ。

ところでここ数日は、早寝して2時-3時起床で仕事。
…そして私は、朝ごはんをしっかり食べている…
おなかすいて倒れそうになるんだもん(開き直り)
あーすけはパン、私はゴハン、めちゃ個食。
でも毎朝、みそ汁だけはかろうじていっしょです。
仕事の波が去ったら、朝飯前ダイエット(?)また始めよ

【10日(月)の夕飯】
・ねぎじゃがしめじのおやき
・さわら香草焼き
・トマトとブロッコリのサラダ
・梅酢キャベツ
・玄米、けんちん汁

あったかくなったからか、大きいトマトが食べたくなり店で買ってくる。
お隣山梨県のスーパーに遠征したら「地産地消コーナー」があり
山梨産のトマトを売っていたので、買ってみた。
「ロックウール栽培」と袋に書いてあり、一瞬、
スチールウールを連想した…が、「石綿」のことだそう。
土に植えるのと違い、連作障害もなく肥料や農薬が少なくて済む、と。
コレが進むと、将来、野菜は工場で作るものになるのか?

【11日(火)の夕飯(ナシ)】
仕事で遅くなり、あーすけは預け先で。

前の日が徹夜に近かったので、ゆうべはけっこう長々寝てしまう。
もう、無理はきかないお年ごろ。


夕飯記録ほか

ここに書く行為が、すでに
「仕事からの逃避」になり始めている。。。

【6日(木)】
この日も仕事で外へ。あーすけは預け先で。
私は外で打ち合わせがてら中華。
いちばんおいしかったのはビール。

【7日(金)】
打ち合わせから帰宅後、家でひたすら仕事。
・じゃがバター、ブロッコリーとミニトマト
・ほうれん草のおひたし
・ツナネギ温奴
・麦飯(冷凍しておいた残りごはん)
・にら玉みそ汁

仕事のあまりの進まなさに、ごはんを作る気持ちの余裕がない。
みそ汁と青物ゆでる以外、「レンジでチン」だらけ。

【8日(土)】
・さわら田楽
・じゃがいもとブロッコリーのチーズ焼き
・ほうれん草のおひたし
・五分搗き米
・わかめスープ(インスタント)

この日は夜、地域の会合があって、
係になっているからとネガな気持ちで出ましたが
1時間もかからず終わるはずが、延々2時間…

あーすけにはおにぎりいっこだけ食べさせてつれていったが、
何度も堂々巡る話に、私は次第にイライラし始め、
「すみませーん あたしらごはんがまだなんで帰っていいですかー」
と言いたくなってしまい、むずむず。
…でも、すぐに、自分で自分にツッコミ。
「19時始まりなんだから、夕飯済ませてきたらよかったじゃん」
そうするつもりだったのに、つい仕事に熱中してしまった自分が悪い。

あーすけは、たまに「ちょっと眠い」「今日は長いね」
…などと、こそこそ耳打ちしてきたけれど、
表面上はすごくおとなしく、落書きなどしてすごしていた。
「いい子でいなきゃ」と思わせるのはイヤなのだが…
いや、もしかして本当に心が広いんだったりして…
母よりぜんぜん、人間ができてるんだったりして…

ともかくあとは、「短気、短気はダメ、鏡、鏡、鏡よ鏡…」と
胸のうちで唱えつつ、ひたすら聞いてるふり。
議題に対し「こうしたらどうですか」と発言したい気持ちもあったが
「若輩者・新参者・女子」と三拍子そろってる身では自粛あるのみ。
(前、空気を読まずに思うことをいって、場をしらじらとさせてしまった)
「あのひとはイヤイヤ参加してる」的雰囲気は
こうやって、かもしだされるのかしら。いかんいかん。

帰って、とにかく口に入るものをと
お湯をわかしグリルにさわらをつっこみレンジにじゃがいもをつっこみ、
ゆでてあったブロッコリーやほうれん草を冷蔵庫からひっぱり出し
あとは田楽みそをレンジで…と思ったら、レンジ、ふさがってるー
本人は、すごくてきぱき働いてたつもりだけど
結果として、大差はないんだなこれが。

【9日(日)】
・はまぐりの酒蒸し
・菜の花おひたし
・めかぶと納豆の卵焼き
・スナップえんどう
・麦飯
・けんちん(風)汁

お昼はツナと小松菜のスパゲッティ
梅酢で味付けしたら、あーすけにも好評だった。

ここのところ、頭の中は仕事のことでいっぱいいっぱい。
なんだかんだいって、お料理してるときは
息抜きができるのもあって、うれしいはずなのに…
苦痛とまではいかないが、焦っているので、
こまごま失敗して「うわー」「ぎゃー」と台所でつぶやいてばかり。
「ママおちついて」とか言われて、落ち込む。

この日ばかりは『篤姫』も義務感でみた。
自分で自分に「みるんかい!」とツッコミ入れながら。
あーすけが主人公の笑顔をみて
「このひと、口が大きいね」と感心していた。
来週は尚五郎と篤姫が再会するそうなので、
やっぱり見なきゃ…忙しいのに…(だれも強制していない)

今月はずっと、こんな余裕のない感じかも。
いかんいかん。深呼吸。

あーすけのつぶやき

昨日のあーすけとの会話。
「今日学校でカチューシャ借りて、してたんだけど、
 そのときは平気だったけど、いま、ちょっと痛い」
「ああわかる、お母さんも痛くなったことある。どのへんが痛いの?」
「うーん、脳らへん(=脳のあたり)が痛いの」

脳のあたりが痛い…
一瞬まぢめに動揺してしまった^^;
思いついたことのない表現だったので。

長めのつぶやき(占い初体験!)

ファッションビル(っていうのかな、)の上階のほうには
「占い」のブースがあることが、けっこう多い。
(いままではよく見てなかったから断言はできないが…たぶん)

正直、「だれが行くんだろう…」と思ってたし、
ブースにお客さんがいたりすると
「占いなんかで、なにかを解決できると思ってるのかな」
なんて、冷めた視線で見ていたのだった。
…いたのだったが。
昨日、生まれて初めて、あのブースのなかに入ってみたのだ!

なぜ足を踏み入れたか、
こまこました事情は、ちょっと飛ばすとして。
昨日、打ち合わせの待ち時間のあいだに
クイックマッサージ行こうと思って
エスカレーターで運ばれながら、突然、
「私がずるずる悩んでいることについて、
 こっちの事情をぜんぜん知らない人はどう思うんだろう」
そう思いついて、ブースにいってみたのだ。
時間と料金の設定が、クイックマッサージと同じくらいなのが
不思議なような、なっとくできるような。。。
もし結果的になっとくできなくても、この値段なら、
「今日マッサージしてくれたおねえちゃんはイマイチ下手だった」
ぐらいの感想ですみそうだな、と思い。えいやっと。

「あのーなにから話せばいいんでしょう」
とマヌケな第一声を発する私に、
ブースのなかの女性(50代ぐらい?)が
「どういうことを聞きたいか」
そして「生年月日(時間まで)」を尋ね、
手元の小さな本みたいなものをめくりながら
ノートに、私には意味のよくわからない文字列を
だだだだだーーーっと、書き込んでいく。

いきなり、言われたのが
「短気ですね」
げ。
「せっかちっていうか、待てないのね、
 それに飽きっぽいし」
げげ。
「花粉症?」
げげげ。
花粉は平気だけどアレルギーもちです。
たぶん、「四柱なんとか」みたいなのなんだけど
そのへんがよくわからないまま、話をする。

言われたなかで、「そうだ、知ってたつもりだったけど
最近余裕なくて忘れてたよ」と思ったのは
「人間のやることは、みんな鏡に写った像みたいなもので
 自分がひとにしたことが、他人の行動に写っている。
 どうしてこのひとは、私に対してこんな態度をとるのだろう、
 あるいはどうして自分はこんなに恵まれてないのだろう
 そう思うことがあったら、まずは自分のことを振り返ってみて」
つまり、よく言うことだけど、
「人は変えられないけど自分は変えられる」ってことかな。
いや、「人の振り見てわが振り直せ」か?

それはそうと、ご家族は?と聞かれ
結婚して離婚して娘がひとり…再婚願望? 別にないですアハハ、
みたいな話をしていたら
「あら、あなたは晩婚が向いているひとなのよ、
 それに今年か来年には、必ずいい出逢いがありますよ」
もう、これだけで目の前がパーッとバラ色に。
結婚する気がない人間にも、「出逢い」はかなりいい響き♪
来年じゃなくて今年がいいなあ、なんて軽口たたきながら、
「そもそもなぜ私はここにきたのか」を一瞬で忘れてしまった。
…この単純さ、悩みスパイラルに至った根本的な原因か。。。

ともかく、どこかのTV番組のように叱られはしませんでしたが
知らない人としばらく話せただけで、すごくすっきりした。
ホント、クイックマッサージと似てるぞ。
てことは、またすぐに、心のコリが復活するのか。うーん。

話はズレてしまうが、帰り道で思い出したこと。
小5のとき、クラスメートが、放課後の教室で
「キューピッドさん」をやろう!
(当時流行っていた、コックリさんみたいなの)
と言い出し、やってみたことがある。
私はよく知らなかったけど、ここで私だけが疑ったら、
きっとそのなんとかさんは来てくれない、
それじゃみんなに対してものすごく悪い、と思い、
一生懸命「信じてる、信じてる」と自分に言い聞かせつつ
みんなの輪のなかに入れてもらっていた。
いま思い出しても肩がこる、あの緊張感…
(みんなの真面目くさった様子がかなり笑えるのに、
 ぜったい笑っちゃいけない、という拷問のような苦しさ。
 でも、その場にいた子のほとんどは、そうだったと思う)

で、そのなんとかさんに、みんなの結婚年齢を聞いたところ
私は「27歳」と言われたのだけど、
「みんなのなかで一番遅い年齢」なのが、軽くショックだった。
あの当時の自分には、27歳、充分「晩婚」に近いイメージでした。

じっさいに結婚したのは28歳だけど、
決めたのは27歳だから、まあ、当たりといえば当たりか(笑
でももし、晩婚がいいって知ってたら、
…やっぱり結婚してただろうな。勢いだしな。
そのとき結婚したから、あーすけがいるわけだしな。
いろいろ勉強になったし、やっぱり結婚してよかったな。
でも、一度だけでいいな。。。

占いから話がズレまくってしまったが、
そんなわけで昨日から、あーすけに少しだけやさしい私。
だって、一番近くにある鏡だと思ったら。。。ちょっと、怖い。

また声の話

生協のカタログでは、CDや本がちょっとだけ安く売っている。
あーすけといっしょにカタログ見てると、毎週必ず
「あれ買って!」「やっぱりこれ買って!」とうるさい。
でも、本は、月に1回ぐらいは買ってしまう。
まあ、自分がおもしろそうと思うからなんだけど。

今回は珍しくCDを買いました。
平原綾香のベスト盤『Jupiter』

Jupiter~平原綾香ベストJupiter~平原綾香ベスト
(2008/02/13)
平原綾香

商品詳細を見る


じつはいままで、このひとのうたを
ちゃんと聴いたことがなかった。
でも、あーすけが、自分が聞きたかった
「Jupiter」と「今、風の中で」の2曲ばかり聴いているので
ほかが聴けていません… 早くCDぜんぶ聴きたいよー。

上記2曲、とてもいい曲だとは思うのだけれど
どうも、声が…
って、私は自分の声にコンプレックスがあるので
歌い手さんや俳優さんの声には、つい、
すぐ好き嫌いを言ってしまう。

女の歌い手さんでは、CHARAとか、
あとじつは和田アキ子とかも好き。
和田アキ子、、、
もっと歌でがんがん売ってくれればいいのに。
と、紅白みるたび、毎年思う。

マエカブアトカブ

今日電車のなかで唐突に思ったんだけど
会社名の、「マエカブ」って、、、
日本語的にはやっぱりヘンな感じがする。
株式会社○○よりも、
○○株式会社のほうが、
日本語的にしっくりくる順序のような。
…という感覚が、もし正しいとしたら、の話だけど、
最初に「株式会社」を社名の前にもってきたのって
すごく画期的なことだったんじゃないかな…
以上、江古田ちゃんのマネして、白昼の妄想でした。

ハンドルネーム&江古田ちゃん

ハンドル、なんで「たいに」なの、
…と聞かれたのですが
じつは、もとは“tiny”です。
アメリカに行ったときに、ホストマザーに
You're so tiny!
と言われたことがあるのを思い出し、
日本じゃ「ちび」だけど
タイニーならちょっとかわいくね?と思い(笑)
名乗ってみました。

ふつうに書くと「たいにー」OR「たいにぃ」かもですが
これは、某「江古田ちゃん」にも出てくる
「音引き撲滅運動」(←表現は違うんだけど思い出せない)の一環で

コンピューター → コンピュータ
プリンター → プリンタ
パーティー → パーティ

などなど、語尾の音引き(「ー」)が消える傾向にあるなか
世間の表記方法の潮流を反映した
いまふうな表記の仕方なのであります
(誰にむかって書いているのか私。)

でもね、
「ドラマー」は、「ー」をとると「ドラマ」になるし。
「シャワー」は、「ー」をとるとマヌケだし。
ここらへん、省略する・しないにどんな法則があるのか
…きっと、だれかが研究してくれてると思います。

ついでに書きますが、『臨死!江古田ちゃん』
友人に借りて読んだのですが本当に面白かった!
むかしならちょと苦手だった絵柄でしたが

臨死!!江古田ちゃん 2 (2) (アフタヌーンKC)臨死!!江古田ちゃん 2 (2) (アフタヌーンKC)
(2007/04/23)
瀧波 ユカリ

商品詳細を見る


私も、江古田ちゃんみたく、
「クールで尻軽だけどハートの片隅は純情」
っていう路線でこれからは行きたいなあと思いました。
…遅いか。
まあ、それは無理でも、お友だちにはなりたい。
でもああいう子のほうは、私とはたぶん
友だちになりたくないんだろうなあ。ぐすん。

それにしても江古田ちゃんって
どうしてあんなに、昼も夜も働いているのか。
本来、私がすべきことなのだけど…

あと、家の中で素っ裸はさすがにできない。

そうだ、このブログのタイトルですが
…いつかまたパートナーができたら
「縁側でひなたぼっこしながらお茶をすするじっちゃんばっちゃん」
ではなくて、
「縁側で、背中合わせで本を読むじっちゃんばっちゃん」
になりたいなあという妄想がかねてよりありましたので
それでつけました。
でもいまとなっては、子どもと背中合わせでもいいのですが
現在のところはまだ、読んでやるばっかりなので…
いずれにせよ妄想です。。。

ダイエット日記

忘れてるようだけど、朝抜きダイエット、
ちゃんとがんばってる。
でも、私なりに方法を変えてるけど。
(この時点で、失敗しそうなニオイがうっすら…)

野菜ジュースとしょうが紅茶ではもたないので
野菜ジュースとチャイにしてます。
(でも、牛乳はたぶん、マニュアル的にはNGです)

しかも、それでももたないので
家で仕事してるときは
お昼ごはんが11時と14時の2回です。

朝食べたほうがいいんじゃないの、って
どこからか声が聞こえるけど
こういうのは自己満足が大事なので
もう少し続けてみる。

あ、夕飯記録。

【4日(火)】
さば塩焼き
おかひじきとしめじの炒め物
粉ふきいも+ハムコーン
トマト麻婆
(↑残りそのまま。カレー味にするのはあーすけが却下)
五分搗き米、にら玉みそ汁

【5日(水)】
出勤日で遅くなり、あーすけは預け先で、
私は残り物をつまみに発泡酒。
最近飲んでるのはアサヒのスタイルフリーというやつ。
飲んでも飲んでも酔いません。

そういえば今日、預け先から帰る途中あーすけが
「ねえ、帰ったら飲み会しようよ」と…
発泡酒飲んでる母の横で
ヨーグルトドリンクもって乾杯してくれた。
うれしかったけど…飲み会は、お母さんとだけにしようね。

タイミングはずしてばかり

昨日は、あーすけが学校から帰ってきて、すぐに出かけた。
「今日こそ、ふたりして髪を切りに行くぞー!」とはりきって。
もうかなり長いこと行ってないので
&ここのところ部屋に座り込んでPCとにらめっこ続きだったので
(あまりに立たないので、足がなえた気がするほど…)
ちきしょー出かけたるでー!ぐらいの勢いで出かけたのが、

床屋、定休。

顔そりしてもらえるのがあまりに気持ちいいので、
最近は床屋一辺倒です。もう美容院には戻れません。
…でも、じつはあーすけは、オサレ~な美容院に行きたいらしい。
いつか自分のお金で行ってください。
定休日、忘れないように書いとこ。
(第一週:月火、第三週:日月、ほかの週は月曜)

ところで、3月3日は桃の節句。
余裕がなくてお人形を飾れなかったので
(いや、飾るヒマは本当はあったんだけど、
 ぜったい片づけが遅れる自信があったので、
 =嫁入りOR婿取りが遅れると非常に困るので、
 今年は飾ること自体をあきらめました。)
せめて、と思い、ほしいといっていた毛糸などを
あわててネット通販で頼んだのだけど
当然間に合わなかったので、お祝いの品はあとまわし。

というわけで夕飯は
・ちらしずし
(生協で買った五目ずしの素をまぜたごはんに、
 イクラと錦糸卵と、ゆでた菜の花をどかんとのっけた。
 本当は甘エビも飾ってやりたかったけど…予算オーバー)
・潮汁

…と、ひなまつりっぽいのはこれだけで、あとは
・ポテトサラダ
・梅酢キャベツ
・毎度おなじみ、きんぴら…

ま、ごはんとおつゆだけでも、「ふだんと違う感」は
けっこう出せたのではないかと…。言い訳。
食後のデザートは、芽吹き屋の桜餅でした。
だもんで、昨日残った「なんちゃって麻婆」の出番はなかった。
明日まで冷蔵庫で待ってやってくんちぇ。

続きを読む »

日曜はTVの日

昨日、あーすけたってのお願いで
『ちびまる子ちゃん』を見せる。
正直、興味ないし、だいたい久々で忘れていたくせに、
オープニング早々、あっ!とTVの前に駆けつけた…
そうだ、『おどるポンポコリン』だ!!
むかしから、近藤房之助さまの声がもう大好きで大好きで。
正座するくらいの勢いでオープニング曲に耳を傾けたあとは、
一瞬たりとも画面を見なかった。

男唄~昭和讃歩男唄~昭和讃歩
(2007/07/18)
近藤房之助 木村充揮、木村充揮 他

商品詳細を見る


↑ こっちも、久々に引っ張り出して聞きました
ポンポコリンだけではかえって欲求不満なので…
コンセプト的にはあまり好きなCDではないのですが
(選曲が…ちょっと年代ズレてるので)
とにかく声! 声が聞きたくて。

そして、お約束の『篤姫』。
ふだん、見ていても郷愁がわくことはあまりないんだけど
昨日、鹿児島市内の西田橋が出てきたときは、ぐっときた。
通っていた高校が、わりと近くだったから。
通学で通っていたわけではぜんぜんないのに、
高校のころを、だーっと思い出したりした。

それにしても『篤姫』でいちばんハマリ役…と思うのは
あの、名前を覚えられないけど、西郷さん役の俳優さん…

先週分も、ためてしまった

またためてしまった夕飯記録。

【26日(火)】
納豆とめかぶの卵焼き
ほうれん草のオリーブオイルあえ
にんじんしりしりー残り
じゃがいも玉ねぎとわかめの味噌汁、麦飯

【27日(水)】
仕事で遅くなり子どもは預け先で、私はコンビニおにぎりとビール

【28日(木)】
にんじんごぼうのきんぴら
セロリとシーフードの炒め物
大根の酢漬け
ほうれん草のおひたし
鶏だんごと春雨のスープ、五分搗き米

【29日(金)】
子どもはお泊まり先で、私は居酒屋など3軒はしご

【1日(土)】
お昼、あーすけは引き続き泊まり先でお世話になる。
夜、シングルママ友と、子連れで近所の焼き肉屋へ。
豚足、焼き肉いろいろ、野菜盛り、サンチュのサラダ、わかめスープ、チヂミ

子どもが遊び始めたあとは
学校のこと、今後の生活設計などなど、愚痴々々しつつ飲む。
久々だったのに、ふたりとも病み上がりだったこともあり
ぐったりとネガティブな雰囲気に終始してしまったかも…
でもこうして本音を言える相手がいるのは、本当にありがたい。

【2日(日)】
トマト麻婆
ほうれんそうのごまあえ
きんぴら
卵スープ(玉ねぎ、鶏ひき肉、春雨、わかめ)、五分搗き米

こうやってみると、いも類食べてないなあ。
じゃがいもやさつまいもは家にあったのに、
日持ちするからと思うと、つい使わずすぎてしまう…。
気持ちに余裕がないから、煮物もしてない。
あと、こないだから、にわかに、ひそかに「春雨ブーム」。

ところでいま、わが家には、ねぎが売るほどあります。
ご近所の方からいただいたのと、らでぃっしゅの。
長ねぎ苦手なので、どうやって使いきればいいかわからず…
鍋に入れても、母子そろって避けてしまうので
雑炊まで残ることになるのがオチ。
冷凍庫にはすでに、小口切りと白髪ねぎが、たくさん…
いただいたおうちの方と、らでぃっしゅさんには悪いけど
いま、わが家は「ねぎ地獄」!!

とりあえず3本いっぺんにみじん切りにして、ひたすら炒め、
しょうが・にんにく・セロリ・しいたけのみじん切り、鶏ひき肉を足して
お酒をふって、トマトの水煮缶をがばっと投入。
塩と醤油、オイスターソース、ドライコリアンダーで味付けして
レンジで水切りした豆腐を入れて煮る。
どっさりあったねぎが、加熱でかさが減ってくのをみると
意味もなく「どうだまいったか」という気分になりました。

豆豉も、豆板醤も使わない、でもトマト入りで色だけは赤い
「なんちゃって麻婆」(…ところで「麻婆」ってなに?)
私はタバスコどっさりかけて食べる。
余るようにたっぷりつくったので、
今日はこれにガラムマサラを入れてカレーもどきにする予定。

久々のホームズ

劇場版 名探偵ホームズ劇場版 名探偵ホームズ
(2002/05/24)
柴田■彦、富田耕生 他

商品詳細を見る


レンタル、今週はあーすけサービスでアニメを2本。
そのうちの1本です。

テレビでやってた頃から好きだったけど
なんの気なしに借りて、見始めたら、
あれ、ホームズの声、違うよな気がする…
テレビのときって、広川太一郎さんだったと思ってたけど
勘違いだったのかな、あの声を楽しみにしていたのに、
それがちょっと残念だった。
でもアニメ自体は、やっぱり、うなるぐらいに素晴らしくって
「これ、『カリオストロの城』と同じ人が作ったんだよ」と
いいかげんな解説をしたら、あーすけが
『カリオストロの城』もっかいみたい!!と騒ぎだした。
特典映像で、製作スタッフの方々が対談してるのだけど
それもなかなかよかった。

昔から、アニメが好き、というわけではなかったけど、
いやむしろ興味はなかったのだけど
あーすけといっしょに楽しめるものをと思ったら
つい、昔みたアニメをチョイスしてしまう。
でも結果的には、みてよかったと思うものが多い。
ただしいっしょに借りたもう1本、タイトルは書かないけど
こんな手抜きばりばりの作り方すんなー!!!って
怒りたくなるような内容で(あーすけは楽しくみてる)
シリーズものだけどもう二度と借りるか、と思った。
ジャパニメーション、当たりばかりではないです。

帯結びが心配

今月はお祝い事(ぱーてぃ)が多い。
和服で行きたいのだけれど、最近着てないから
帯を結ぶだけで何分かかるかなあ…とあきらめモード。
でもほかに着ていける服ももっていない。
ちょっとおしゃれな名古屋帯があればいけるかも、と思い
こないだ、和服専門の古着屋さんにぷらりと入ってみたけれど
古着の名古屋とはいえやっぱりお高くて
おもいっきり「ひやかしでーす」って感じで退散せざるをえなかった。
こういうときだけは、お金がほしいなあって切実に思う。
手持ちの帯で行くことにして、帯結び、練習してみるかなあ…

久々に大きな本屋さんへ

いま、行きたいところ、
モスバーガーと温泉とクイックマッサージ。

金曜夜は夜通し座って飲んでたわけで、
さらに昨日は昨日で、帰宅後寒くて縮こまって寝たので
からだじゅうが、がちがち。

モスはなんで行きたいんだろう…
モスに行きたいって思ったくせに
じつはモスに行くとほかのメニューばかり頼んでたから
ハンバーガーは食べたことないのです。
それどころか、いまどんなメニューがあるかもしらない…。
ああいう、ファストフードのお店が近所にないから、
だからただ、行きたいだけなのかもしれない。

金曜日、有楽町で、打ち合わせの前に時間つぶそうと思って
プロントに入ろうとしたら、満席だった。
ちぇ、プロントなんて入れなくていいもんね、と
こころのなかで負け惜しみを言いつつ
駅前にできていた三省堂に初めて入って
広さに圧倒されつつ本を3冊、2000円分以上買ってしまい
やっぱりプロントのほうが安上がりだったなあ…と敗北感。
しかも昨日は仕事をさぼってつい本を読んでしまった。
一冊は、山本文緒の『そして私は一人になった』という文庫本。

このひとの小説は読んだことがないので
こういうエッセイだけ読むのは、本当は少し後ろめたい。
離婚後の日記、ということで衝動買いしたが
共感するところがそんなにはないまま、
昨日の帰りの電車で読み終わってしまった…。
ただ、共感するところは少なかったけど
この著者自身は、なんとなく好きだなあと思った。
『再婚生活』とかいう本もあるらしいので今度買おうと思う。
再婚したくなるのかな。したくなくなるのかな。

あとの2冊は加島祥造の『タオ』と『求めない』。
こっちは、買いたい買いたい思っててやっと買えた。

『求めない』 加島祥造『求めない』 加島祥造
(2007/06/29)
加島 祥造

商品詳細を見る


加島祥造さんって、
「フォークナーの翻訳者」のイメージばっかりだったのが
『求めない』をだーっと読んで、正直、びっくりした。
『求めない』はあちこちで取り上げられていたから有名だろうけど
全篇、「求めない」で始まる詩で構成されている詩集です。
迷ってやめた『LIFE』も、なんで買わなかったのか、すごく後悔。

ところで、『タオ』はともかく、
もう一冊の詩集のほう、自分が買いたいのが
『求めない』のほうなのか『LIFE』なのかよくわからず
店員さんに在庫探しなどお願いしてしまったが、
私よりちょっと若そうなその店員さんは
まじめそうでとても親切で率直で、
…ああ、やっぱり私は書店で働きたいなあ、
と久しぶりに思ってしまいました。
最近読書量は激減しているけれど
やっぱり私は本が大好きなのだなあ…
その本に囲まれて仕事する…想像するだけでうっとり。
でもうっとりしてても仕事にならないか。

渋谷の書店でバイトしてた頃がなつかしい。
お店には、場所柄、道を尋ねに来る人が異様に多かった。
九州から出てきたばかりの小娘に道を尋ねてるなんて
お客さんはいっこも思ってなかっただろうなあ、、、
要領を得ない説明をいっぱいしました。ごめんなさい。
あとそのときお店で教わったことで一番びっくりしたのは
【月刊の「文藝春秋」は「何もいわれなければカバーをかける」】。
ええー、分厚いけど雑誌じゃん?って思ったけど
じっさい、カバーおかけしますね と声をかけて
いや要らないですといわれることは少なかった。
権威がある雑誌、というのはこういうものか…と思ったものだ。
あ、もう20年ぐらい前の話です。

本は、アマゾンで買ってしまうことも多いけど
やっぱりなるべく、ふつうの書店で買い物をしようと思う。
…ただ、近所に大きな本屋さんがないのが残念…

朝帰り

昨日子どもがお泊まりに行ったので
ここぞ!とばかりに夜遊びの予定を入れて
気のおけないひとたちと、朝まで飲んできた。
ふたりは今日、大事な用があるらしいのだけど
(しかもひとりは、ひとり息子の卒業式…)
だいじょうぶだったかなあ…

朝、最寄の駅から歩いて帰ってくる途中、
ふだん通らない道を通ったら、梅が咲いていた。
ところどころ、葉が落ちている雑木林も
もうしばらくしたら、ぶわーっと緑に覆われそう。
あんなに寒かったのに、やっぱり春がくるんだなあ。
当たり前だけど、なんか不思議。

昔から、春のざわざわした感じが怖くて落ち着かなくて、
あと単純に別れの季節ってこともあり、嫌いだったけど
年とったからか、春だと思うとやっぱりホッとする。

それはそうと、帰り道、あらためて思ったのは
「わたしってホント朝帰りが好きだなあ…」ってこと。
気がつくとついやっちゃう、という意味ではなくて、
(いや、それもあるけど)
朝、家に帰ってくるときの気分が本当に好き。

ハタチになる前からひとり暮らしをしていて
朝帰りというのを何度もしてきたわけなんだけど
あの、通勤の人と逆方向に歩く感じ、
ちょっと酔いが残ってて、日光が目にしみる感じ、
家に帰ってどさーっと横になっても
夜と違って、荒れた感じがしない感じ(?)
夜、終電だからって別れるのは寂しいのに
明るくなってから別れるのは、ぜんぜん平気、な感じ。
もちろん、家でだれかが待っているときは、
話はぜんぜん別だけど、、、

初めて朝帰りしたときの、
ちょっとオトナになったよな気分、
いまもそれを思い出して、ほんのり幸せ。
この幸せな気分のまま、仕事、がんばろう…(涙)
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。